FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滞納管理費の時効

賃貸物件というのは、大家自身がそこに住んでいない可能性が高いため、どうしても管理は人任せになります。
ただし、注意しなければならないこともいくつかあります。

物件の中には、ひどい管理費の滞納がある物件があります。何年も滞納していると、たとえ、月々はわずかな額でも、大きな金額になることがあります。
この管理費を滞納された状態が、5年以上つづくと、実は管理費の請求に時効が来てしまいます。
もちろん、時効というのは、時効の援用といって、時効を主張する側が、すでに時効なのでこれはもう払いませんと宣言しない限り、無効です。
ですから、5年が過ぎていても、積極的に支払いを催促する必要はあります。もし、一部でも、支払いをさせることができれば、その時点で、時効は無効になり、その時点から再度時効の年月(5年)を待たなければ、時効は成立しません。

それでも、管理費を滞納しておいて、5年が過ぎたからということで時効の援用を主張されてはたまりません。早めに手を打って、特に、金額が60万円以下であるならば、略式裁判で弁護士を立てないで訴訟が可能ですので、裁判に訴えるという手段を使ってでも、健全な管理組合の運営に努めるべきと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広告

最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ランキング

有名ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。